職人さんに聞きました-8 of 株式会社キムラ工房

キムラ工房

八ヶ岳での家造りは 木に詳しい工務店:株式会社キムラ工房(一級建築士事務所)

山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3204-45 TEL.0551-36-4563
LinkIconBLOGLinkIconお問合せ
無垢の木・自然素材が呼吸する家 キムラ工房オリジナル木組みの家

HOME > 職人さんに聞きました-8

職人さん突撃取材リスト101112

職人さんに聞きました-8

棟梁:山田大工さん&社長(奥さん) 〈山田建築,甲斐市〉    『夢通信』2007年冬号掲載

山田大工さん
山田大工さん&社長(奥さん)

山田大工さん
山田大工さん


キムラ工房では、棟梁たちを苗字に「大工さん」を付けて呼びます。

大勢の職人さんが関わって家は出来上がりましが、現場に1番長く入っているのは、やはり大工さん。

熟年組の大工さんたちは、仕事へのこだわりを語り始めると熱くなるのが共通点。プレカット抜きでは成り立たない現代の家づくりの中で、若い頃から鍛えた手刻みの技術を少しでも多く生かしたいと頑張っているからでしょうか?

山田大工さんに以前「こだわり」を聞いたときの答えは、『1番は施主さんが喜んでくれる仕事をしたい。自分は住宅を造る大工。人が気持ち良く暮らせる家を造りたい。それが宮大工などと違う住宅を造る大工ならではの仕事だと思っている』。


山田大工さんの趣味はお酒(日本酒)。それも、自宅で社長(奥さん)の手作りのツマミで飲むのが好きだそうです。




※S:スタッフ夏目
※山:山田大工さん
※社:社長

今回の聞き手は、総務スタッフの夏目です。

S:
山田大工さんはどうして大工さんになったのですか?
元々は家電とかの修理、電気の仕事だったんだけど営業が得意じゃなくてね。
職人とかの仕事が良くて。うちの親父が大工だったからそのまま大工の道に入ったんだよ。
S:
何歳の時にお父様についてお仕事を始められたのですか?
俺が21か22歳のころだな。それからずっとこの道でもうかれこれ31年だね。

・・・山田建築さんは奥さんが社長。キムラ工房での通称は「社長」。
現場では山田大工さんのお手子(助手)をしています・・・

S:
社長は女性で現場に入っていらして、高いところに登ったり、重たい物を持ったりと大変だと思いますが、いかがですか?
元々大工の仕事に興味津々だったの。女性らしいことが嫌いで。だから高いところも重たい物も全然平気。
S:
えぇー、すごいですね!ご一緒に現場へ出られて何年ですか?
一緒に仕事をし始めてからもう10年かな。
S:
ご夫婦でお仕事を一緒にされているわけですが、仲良しでいいですねー。お二人でお仕事をされる上で良い点はどういうところでしょうか。
寒い日なんか一人で現場に来るとなんだか寂しい感じがするけど、二人だから良いよね。(照れが入ってなかなか話さない)
外の天気も分かるけど、おとうさんの頭の中の天気も分かるからね。(笑)
だから気を使わなくていいし、楽なんだよ。(笑)
何考えてるか、次に何を渡したらいいかとかだいたいわかるから。
S:
さすがですね!あ、スタッフから聞いたんですが建て方の時に手伝ってくれる職人さん達に社長がカレーをふるまわれるらしいですね!
きゃー(顔が赤くなる)そんなこと聞いたのー。
S:
美味しいカレー目当てで手伝う方もいるとかいないとか。
社:
手伝ってくれる人に一度くらいはごちそうしないとね。
S:
でもすごい人数ですよね。前の日から作るんですか?
社:
20人以上だからね。前の日から作って当日はご飯も2升以上炊いてお皿も全部用意して持って行くの。一晩寝かせて熟カレー。
S:
大変ですね。
全然大変じゃないのよ。楽しんで作ってるから。
S:
そうなんですか。社長の暖かい心のこもったカレー、私も食べてみたいです。
ところで山田大工さんは、昔からの建築にかかわることや地域ごとの風習、さらには神棚にいたるまでかなりお詳しいと伺いましたが、どうしてそんなに詳しいのですか。
親父にいろいろ聞いたり、お客さんに教えてもらったり、経験かな。
神棚のサイズや模様、しめ縄も地域が違えば飾り方も違うからね。どんなお施主さんにもきちんと答えられるようにいつも勉強しているよ。知らないことは知らないって教えてもらうようにしているし。いくつになっても勉強だよ。知ったかぶりが一番いけない。分からないことを分からないって言える勇気が必要だよ。
S:
そうですね、勉強になります!
S:
全然話は違いますけど、山田大工さんの頭はどなたが剃っているのですか。(山田大工さんはとてもスキンヘッドが似合っています。いつもは帽子で拝見できないのですが)
毎朝自分で剃ってるんだよ。電気カミソリでね。
S:
そうなんですか。似合っているしかっこいいですね、頭の形も良いし。
剃ってないと気になっちゃう。(笑)
S:
お仕事の上で、社長の目から山田大工さんに何か思うことはありますか。
社:
思うことというか、尊敬していることがあって。それはうちの人はお施主さんとの話の中で、その人がどういう人か、何を好んでいるか、どういう事を考えているかキャッチするのがとても早くて的確だということ。想像力、感性がとても鋭い。
S:
それはすばらしいですね。お施主さんの気持ちなどをイメージできるって大切ですよね。
山:
何に対しても疑問を持って仕事しているからね。
低い窓を付けるように図面上でなっていたら、どうしてここに窓を付けるのかなと思ってお施主さんに聞いてみるんだよ。そうすると、台所にいながら庭に来るリスを見たいからとか、そういう答えが返ってくる。だから一番リスが見える高さにする。ただ窓を付けるんじゃなくて何か理由があるはずだって思って仕事をしているんだよ。
S:
そうなんですか。お施主さんも気持ちが分かってもらえた上で家をつくってもらえるのは嬉しいですね。
山田大工さんから社長へは何かありますか?
山:
特にないけど、協力し合ってずっと出来たらいいな。精神的に楽だからね。
S:
プライベートでもお仕事のうえでも最高のパートナーなんですね。
最後にこれからの山田大工さんの夢などを聞かせてください。
山:
夢、というか職人として自由な発想で既製品ではできない夢のある楽しい仕事をしていきたいんだな。ただ組み立てるだけじゃなく、手をかけてあげられる家づくりをしていきたいとおもっているよ。
S:
お忙しいところありがとうございました。

忙しい現場に突撃でおじゃましたにもかかわらず、快くインタビューをさせていただきました。
お二人のお仕事に対する真摯な姿勢に感銘を受けました。柔軟に
常にお施主さんの気持ちをイメージし、古い物新しい物のよいところを取り混ぜ、柔軟に
より良い家造りを追求されている山田大工さん、山田大工さんを全面的に支えていらっしゃる社長(奥さん)。
山田建築さんのお仕事には愛情がたっぷりと注がれていました。

職人さん突撃取材リスト

1回目
インテリアの藤原さん
インテリアの
藤原さん

2回目
友信電設さん
友信電設さん

3回目
基礎工事 岩池さん
基礎工事の
岩池さん

4回目
畳職人の藤森さん
畳職人の
藤森さん

5回目
板金工事の松田さん
板金工事の
松田さん

6回目
丸紅建材井上さん 
丸紅建材
井上さん

7回目
共ショウ 志村さん
共ショウ
志村さん

8回目
山田大工さん
山田大工さん

9回目
塗装工事の有井くん
塗装工事の
有井くん

10回目
建具職人の佐野さん
建具職人の
佐野さん

11回目
大竹大工さん
大竹大工さん

12回目
林友 寺西さん
林友 寺西さん